MENU

最年少で未経験。
だからこそわかる、
オリオンの魅力と未来。

越後 隼
開発技術課 設計 / 2020年入社
越後 隼

INTERVIEW

越後 隼

きっかけは、
美しく並ぶ刃への
ロマンだった。

地元浜松の工業高校を卒業後、土木系の現場で仕事をしていました。しかし、職人気質な業界の風土が肌に合わず、就職先をもう一度考えてみることに。そこで出会ったのがオリオンでした。異業種からの転職だったため、そもそも刃物の製造・設計という仕事があることすら知らなかったのですが、チップソーという大きな丸のこを見たとき、その刃の美しい並びに感動。「これを設計するってどういうこと?」と、強く好奇心をくすぐられました。そして、自分もそんな仕事に関わりたいという思いが強くなり、会社を見学させてもらうことにしたのです。工場がとてもキレイで、食堂なども用意されていて好印象でしたね。仕事への魅力はもちろん、働く人のことを思ってくれている職場なのだとわかり、安心して入社できました。

越後 隼

お客様の意図をくみ、
製造にまで気を配る。

オリオンの製造部は、製造する刃物の種類で第一課と第二課の二つに分かれています。一課はチップソー製造。二課はカッター、ルーターの製造です。私が担当している設計は、主に二課のカッターやルーターです。営業からの依頼内容にしたがって製品の設計図を作成し、製造部へ渡すのですが、そのとき、同時に製造の際の注意点や指示も伝えています。刃物は、用途によって刃数や厚み、素材、刃を切り出す角度、砥石の種類なども変わってくるんです。製造工程にも影響が出てくるため、設計部ではそれも考慮して図面を書く必要があります。製造の段階でどんな影響があるのかを把握し、注意点を共有することで、完成品のクオリティを保つことができるのです。刃物一つとっても調整すべき項目が多く、メモをとっては見返す日々。依頼内容に沿った図面を一発でつくれるよう奮闘しています。

少量多品種だから、
発見の連続。

オリオンは、多種多様な製品を受注しています。そのため、私たちは同じ作業を繰り返すのでははく、毎回、異なる要望に合わせて図面を書いています。次から次に新しい知識や技術が求められ、一人前への道のりは長く感じますね。しかし、一つの図面を一から考え形にしていく面白さは、ものづくりの醍醐味。できなかったことができるようになるたびに、自分のスキルが磨かれていることを実感し、大きなやりがいを感じます。一方で、つまずいたり、わからないことがあっても、周りの仲間がサポートしてくれるのはとてもありがたいですね。おかげで、自分も納得ゆくまで図面と向き合うことができています。個人作業の多い仕事ですが、みんなで取り組み、みんなで成長していることを実感できる職場です。

越後 隼

若手が考える、
オリオンの新しいステージ。

オリオンは、これまで数多くの刃物を製造してきました。たくさん蓄積されてきた製造のノウハウを、もっともっと活かすためにも、IT技術を活用して新しいシステムをつくりたいと考えています。最年少だからこそ、次世代のリーダーという自覚を持って、オリオンを新しい時代へ引っ張っていきたいですね。

MESSAGE学生へのメッセージ

越後 隼

飛び込んだもん勝ち!

オリオンの一番の魅力は「人」。ものづくりの業界でありながら、年齢や経験関係なく、誰もがのびのびと働くことができています。ものづくりが好きであれば、どんな人でもきっと楽しめるはず。自分の知らない世界でも、経験がなくても、安心して飛び込んできてください!

OTHERMEMBERS

ORIONな人たち